住宅ローンが残っていても土地売却は可能?

住宅ローンが残っていても土地売却は可能?

住宅ローンが残っていても土地売却は可能なのか、誰もが一度は疑問に思うところではないでしょうか。
結論からすれば住宅ローンが残っていても土地売却は条件次第で可能なので、売って現金化することができます。
大前提となるのは残債の一括支払いで、完済することが土地売却に必須の条件です。
しかし利益のみでローンが完済できるケースばかりとは限らないので、自己資金が追加で必要になることがあります。
イメージ的には、土地を売って得られるお金と、別途用意した資金をあわせてローンを完済する感じです。
ただ先に残債を完済する必要がありますから、売れる見込みと残りの不足を補う資金のあてがなければ売るのは難しいです。
銀行の許可を得ることができれば、任意売却という選択肢もありますが、こちらはあくまでも例外的なやり方です。
任意は銀行を始めとした金融機関の許可のもとで、完済前に土地を売る方法となりますが、必ず認められるという保証はありませんから、基本は残債の支払いを終えてから手放すのを検討することになるのではないでしょうか。

土地売却代金で借入金を完済することが可能になる手続きがあります

土地を担保にして融資を受けている場合に、土地売却をした代金で返済をすることも一つの方法になりますが、それを選択するには少し気になる要素があります。
土地は担保になっているので抵当権が設定されていて、そのままの状態で土地売却が出来るのかという問題です。
抵当権が付着している土地を購入する人は通常いませんし、返済を受ける前に抵当権の抹消手続きに金融機関が応じてくれることも普通はありません。
別途資金を用意して、完済してから売却の手続きに入るしかないのであれば、資金調達手段が無ければ選択出来ない方法になります。
結論としては、土地売却とその代金で債務を完済するということを同時に行うことが出来ます。
必要な書類などの交付を同時に行い、全ての手続きが問題なく出来る状況を作ります。
それに依って、金融機関は返済を確認してから抵当権抹消手続きに必要な書類を交付することになります。
買主は抵当権抹消手続きが完了できることを確認したうえで、代金を支払うことが可能になります。

土地売却に関する情報サイト
土地売却の疑問

このサイトでは、土地売却のよくある疑問を分かりやすく解説しているのが特徴です。
様々なトラブルなども起こりやすいことから、事前にこれらに対処する知識を持っておくと非常に便利であるばかりでなく、安心して取引を行うことができるようになるものです。
このサイトではそのための様々な情報を提供しています。
住宅ローンが残っていても売却をすることが可能かといった内容や、賃貸している場合についても詳細に解説しており、トラブルを未然に防ぐための有効な情報が網羅されているのがポイントです。

Search