トラブルも多い土地売却!そんな土地売却のよくある疑問を分かりやすく解説

このサイトでは、土地売却のよくある疑問を分かりやすく解説しているのが特徴です。
様々なトラブルなども起こりやすいことから、事前にこれらに対処する知識を持っておくと非常に便利であるばかりでなく、安心して取引を行うことができるようになるものです。
このサイトではそのための様々な情報を提供しています。
住宅ローンが残っていても売却をすることが可能かといった内容や、賃貸している場合についても詳細に解説しており、トラブルを未然に防ぐための有効な情報が網羅されているのがポイントです。

トラブルも多い土地売却!そんな土地売却のよくある疑問を分かりやすく解説

土地売却をする際には、事前に様々な疑問を解決しておくことが非常に良い方法です。
法律の問題や税金の問題など、土地売却を行うことによってその環境が大きく変わってしまうと言うことも少なくありません。
その場になって慌てないように、事前にこれらの知識を得ておく事は非常に重要なポイントとなっています。
土地売却を効果的に行うためには、事前に十分な準備をすることが必要です。
あらかじめ発生する可能性のある問題を知っておき、これに対する対策を行ってことも良い方法となります。

土地売却の手続きに必要な書類とは?

土地売却の際、購入申し込みがあった時に素早い対応をするため、必要なものは事前に用意します。
まずは売主の本人確認をするための住民票・印鑑登録証明書・実印と、免許証といった身分証明書が必要です。
次に土地の所有権移転の登記をする時に提出する、登記名義人にのみ通知される本人確認のための「登記済権利書」か、用紙にアルファベットやアラビア数字などがランダムに配列された12桁の「登記識別情報」を用意します。
その他に不動産の所有権や地目、面積などが確認でき、売主が住宅ローンを借入するときに抵当権設定をおこなったかどうかが確認できる「不動産の全部事項証明書」と、「固定資産税納税通知書」・「固定資産評価証明書」も必要です。
所有権移転登記に関して、登録免許税と、売買契約の際に買主側が負担する固定資産税の相当分を算定するためです。
土地を所有に必要な固定資産税の概算を知ることもできます。
売却のタイミングで境界線トラブルが発生した場合には「地積測図」・「筆界確認書」が使用できます。
境界を確認した旨を記す書類で、売却益に対する譲渡所得税を申告する際に「取得費」を計算するために必要です。
書類がない場合、概算取得費が適用されてしまい、納税額などが大きく変わってしまうので注意しましょう。
売買後には、土地売却した不動産を購入した当時の売買契約書・領収書・印紙税と登録免許税などの経費がわかるものが必要です。

土地売却を不動産会社に依頼するときの注意点は?

土地売却をするには専門的な知識が必要になるので、自力でやるのは難しいかもしれないです。
そのため不動産会社を利用することになると考えられますが、注意点を事前に理解しておくのが大切になります。
仲介してもらう場合は仲介手数料が発生することになりますから、その部分でどの程度の金額が発生するのか確認しておかないといけないです。
すべての場所で同じ料金でやっているわけではありませんから、サービスを利用する場所を間違えてしまうと余計な出費が発生することも想定しておかないといけません。
また手数料が安かったとしても、サービスの内容が悪いと結果的に満足度が下がりますから、その部分にも意識を向けておかないといけないです。
丁寧に対応してくれて手数料が安いところを選べば、安心して土地売却をすることができるので、不動産会社の選び方はとても大切なことになります。
土地売却は何回もすることではありませんから、実際に売却をする場合はある程度は時間をかけて余裕を持って行動しないといけないです。

土地売却の一般的な流れはどんな感じ?

初めて土地売却を行うという場合は、売却はどのような流れで行われていくのかしっかり押さえておくと、スムーズに土地売却を進めることができます。
一般的な流れとしては不動産会社の査定を受けて、納得できる査定額を提示してくれや不動産会社を決めて媒介契約を結びます。
この媒介契約には複数の会社と契約が行える一般タイプと、自分で買主を探して直接取引が行える専任タイプ、不動産会社を1社に絞って買主を探して欲しい場合の専属専任タイプの3種類があるので、立地や親戚など身近な人に売りたい時など、目的に応じて契約の種類を選択します。
後は売出し価格を決めて土地の広告を出し、売り出し後購入希望者の土地見学を行い買主が決まればそのまま売買契約を結びます。
売買契約で取り決めた日に手付金を除いた残りの代金を受領し、土地を引き渡します。
引き渡しの当日中に司法書士が法務局に行き、売主から買主へ所有権移転登記を申請します。
最後に売主は売却益が発生すれば翌年に確定申告を行い完了です。

土地売却はオンラインでもできる?

土地売却は費用と手間さえ厭わなければ、全てをオンラインで完結することは不可能ではありません。
専用のサービスの公式ウェブサイトから申し込めば査定員が対象の土地に訪問して査定を行い、買取金額の見積もりが提示されます。
ここで納得できれば売買契約に入り、本格的な手続きが開始されます。
ここでかつてならネックになっていたのが役所から書類を取り寄せたり提出することでしたが、委任状を提出すれば業者のスタッフに委託することも可能です。
本人の署名や捺印が必要なケースでは電子サインが利用できるケースではオンラインで完結でき、自署や実印の捺印が必要な場合には書類を郵送してもらい、署名捺印をして返送することで残りの提出などを委託できます。
郵送を複数回繰り返すことからタイムラグが生じてしまうのは致し方ありませんが、それさえ問題無ければ仕事が忙しい方や何らかの事情で外出ができない方でもワンストップで土地売却を実現することが可能です。

土地売却に関する情報サイト
土地売却の疑問

このサイトでは、土地売却のよくある疑問を分かりやすく解説しているのが特徴です。
様々なトラブルなども起こりやすいことから、事前にこれらに対処する知識を持っておくと非常に便利であるばかりでなく、安心して取引を行うことができるようになるものです。
このサイトではそのための様々な情報を提供しています。
住宅ローンが残っていても売却をすることが可能かといった内容や、賃貸している場合についても詳細に解説しており、トラブルを未然に防ぐための有効な情報が網羅されているのがポイントです。

Search